AMORSPHEREについて

AMORSPHEREはカスタムメイドまたはフルオーダーにて、お客様のこんなシルバー製品が欲しいと言う願いの実現をお手伝いします。
全ての作品は伝統的なスターリングシルバー 925を使用しています。

数ある作品の中からお好みの一点を選んでいただき、デザインの追加やサイズの変更など様々なお客様のご要望を取り入れて生まれるモノは、まさしく世界でただ1つの貴方だけの宝物。
新たなアイテムやモチーフ、イメージなどをご提案いただければフルオーダーにてお客様のご希望のテーマに添った作品をAMORSPHEREのテイストを詰め込んで製作いたします。

全ての作品はGIAG.G.,G.J.の資格を持つ一人の職人によってハンドメイドにこだわって製作されています。

AMORSPHERE の名前の由来

amorphous + atmosphere + sphere

決まったカタチにとらわれずいつまでも柔軟に変化し続けられるように空気のように、普段意識しなくても気が付けばいつも身の回りにあるような存在になりたい

AMORSPHERE アモル·スフィアがいつの日かハンドメイドシルバーの代名詞となりますように

デザインのポリシー

~ 100年の時間を経ても色あせない美しさを目指して ~

紀元前のギリシアで作られた繊細で美しい宝飾品の数々…
当時の名も無き職人達の作品に注いだ情熱やプライドが、写真を通してでもひしひしと伝わってきます。

学生の頃に出会った1冊の本”GREEK GOLD Jewelry of the Classical World"。
この本との出会いが全てを変えました。
現在の便利な道具の無い時代に今ではとうてい作り出せない繊細な作品の数々。
2000年以上の時を経て今でもなお色あせないデザイン。美しいと言う言葉だけでは表現しきれない奇跡の結晶。

大昔の職人達を師と仰ぎ、世紀を超えてなお輝き続ける事が出来る作品がAMORSPHEREの理想です。

そこに存在する理由が説明出来ないような無駄な装飾を可能な限り排除しつつ、シンプルでありながらセクシーさや面白さが感じられる飽きのこないモノを目指しています。

得意な事

ハンドメイドならではのワイヤーを用いた造型
小さなリングを組み合わせた鎖帷子
直線と曲線、面を組み合わせたエッジの効いたデザイン

出来ない事

彫り(この技術は持っていない)
表面の凹凸が激しいボリュームのある造型(ハンドメイドには向かない)
かわいいデザイン(かわいいものが思いつかない)

宝石について

カボション

AMORSPHEREで使用している宝石は全て、宝石鑑定士として勤務経験のある職人が厳選した高品質な天然石のみ使用しています。

現在主に使用している宝石はドーム状のカボションカットのガーネット、アメシスト、シトリン、ピンクトルマリン、ペリドット、アイオライト、トパーズ、ムーンストーン等です。
これらの宝石はある一定以上の硬度があり、内包物が少なく発色が良い半貴石でカボションカットに向いており、値段と品質のバランスに優れています。

その他の誕生石など特定の石への変更が可能です。
メールでお問い合わせいただければ追加料金の有無などをお知らせします。

宝石の種類やサイズによってはご用意出来ない場合があります。

カボションカットの1番の特徴は石の高さです。
ドーム状の石の高さがある方がどの角度から見てもより美しく見えるので、AMORSPHEREでは高さのある石を使用しています。

カボション
カボション

画像の石は全てガーネットで、左側の石はパイロープ、右側はアルマンダイトで同じ赤でも少し色味が違います。
上から見れば同じでも横から見れば石の高さの違いが一目瞭然ですね。

AMORSPHEREでは同じガーネットでも石の高さがあるアルマンダイトを使用しており、パイロープは高さがあるカットが一般的ではないので使用していません。

石の構造上の問題やコストなどによりなかなか高さがあるカボションカットの宝石は数多く流通していません。

カボション

上段から直径6mm、4mm、3mm。
左からピンクトルマリン、ムーンストーン、ブルートパーズ、ペリドット、シトリン、ガーネット、アメシスト、アイオライト。

現在ルビーは産出量が非常に少なく大変希少で、カボションカットで当社の基準をクリア出来るものはとても高価です。
エメラルドやオパール、琥珀等強度に不安がある石はお勧め出来ません。

宝石に関する専門知識を最大限活用して、お客様に満足していただける提案をさせていただきます。